FC2ブログ
アーバン・スペース建築事務所 News & えとせとら
カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

プロフィール

アーバン・スペース建築事務所

Author:アーバン・スペース建築事務所
マンションの大規模修繕工事設計監理
建物調査診断、長期修繕計画策定他、
建物と管理の総合コンサルタントです。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「mixi」に面白そうな記事が・・・
こんばんは、アーバン・スペース建築事務所の『K』です。

「メール」って読んでもらったかどうか解らないですよね

「受信確認通知」を設定していても返信してくれない人も・・・・。

こんなときってイライラしたり、不安になったり・・・。

「送信する」をぽちっとしてくれれば済むことなのになんで???って思いませんか?

SNSサイトの「mixi」に面白そうな記事があったので紹介します。

    あのメール、まだ返ってこないなあ

--不安を“シグナル”として利用する--


顔を合わせてのコミュニケーションや、お互いに時間を合わせて通話する電話と比べると、
メールは一般的には時間を選ばないコミュニケーション手段とされています。
しかし最近は、以下のような不安を抱えている人も多くいるようです。

●ビジネスパーソンの不安ポイント

メールやTwitterなどでメッセージを送っても、すぐに反応や返事がないとすごく不安になります。
普段は1日に何十通もメールをやり取りする日もありますし、そんなことをいちいち気にしていたら
やっていけないということは頭では分かっているのですが……。
この不安を解消できる何かいい方法はないでしょうか?

 「ビジネスメールは即レスが基本でしょ」と考えている人の中には、こうした不安を抱えている人
は多いでしょう。
メールを送った側からすると、この不安は当然です。

認知心理学で言うところの「不安発生の条件」には、一次的過剰刺激、認知的不協和、反応の
非有効性の3つが挙げられます。
メールの返信がないことへの不安は、この中では「反応の非有効性」と言えます。
これはいかにも専門用語的ですが、かみ砕いて解説すれば分かりやすい話です。

反応の非有効性とは、何かよくない事態が起こっている状態に置かれたとき、この問題を解決
したり、あるいは避けたりすることがほとんどできそうもないという見通しの暗さのことを言います。

今回の例で言うと、質問者は実は「メールが返ってこない」ということ自体に不安を感じているの
ではないのです。
問題なのは、メールが返ってこないせいで何か重要な事態を打開できる可能性が低くなっている
からです。
返事があってもなくても、自分を取り巻く状況に何の違いももたらさないようなメールなら、
不安になることもありません。

この場合に覚えておいてほしいのは、「反応の非有効性」は主観的な評価だということです。
つまり、考え方1つで不安を軽減することもできるということです。

メールの場合、「返ってこない」と言っても、それは「まだ返ってこない」だけのことで、相手は
「今書いている最中」なのかもしれません。
あるいは、「重要な連絡に関することだから、慎重になったり不安を感じたりするのは当然
なんだ」と割り切ることで、不安を軽減することも可能です。
これは、自分が不安になっている原因が目に見える形になるからです。
意識的にほかの作業に没頭することで、積極的に忘れてしまうという手も悪くありません。

自分の「反応」(行動)が有効でなかったかもしれない、というシグナルが「不安」です。
だとすれば最善なのは、先方に問い合わせたり、メールが返ってこなかった場合でも
被害を最小限に食い止められるような、有効な手段を講じること。
不安とは、単に人を暗い気分にさせるものではなく、シグナルとして「利用すべきもの」
なのです。




とはいうもののやっぱりイライラしたり 不安になりますよ。
とくに返事によって次の行動を決めたい場合は・・・・自分の自信の無さなのか、単にせっかち
なのか・・・・。

これを読まれた方(特に私とお知り合いのみなさん)、受信通知、ください。



あとは「mixi」に「ECO-ECOマンション再生研究会」のコミュニティ作りました。
参加よろしくお願いします。






スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://urbanspace.blog33.fc2.com/tb.php/67-61cc710c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。