FC2ブログ
アーバン・スペース建築事務所 News & えとせとら
カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

プロフィール

アーバン・スペース建築事務所

Author:アーバン・スペース建築事務所
マンションの大規模修繕工事設計監理
建物調査診断、長期修繕計画策定他、
建物と管理の総合コンサルタントです。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大規模修繕工事 実例1 第4回
今回は廊下・階段編です。

前回書いた通り、躯体部分はしっかりしています。
部屋側の壁はタイル浮きもあまりなく、鉄部・シール以外は
ほとんど問題はありませんでした。
手摺壁も天端の細かいクラック(ひびわれ)と、一部長い
クラックが出ている程度でした。

  AD旭台廊下2  廊下\AD旭台廊下3

階段も同様です。
単純にクラック補修、目地作成、塗替えだけで機能回復は
可能です。

が、大規模修繕工事には『やってよかった!』と
区分所有者全員が感じられる『効果』も重要です。
そこでポイントとなるのが、見た目にわかるグレードアップ感
となります。

こちらのマンションは廊下・階段ともモルタル防水となって
いましたので、長尺シート仕様としました。

 AD旭台廊下1  ⇒  AD旭台廊下5

 AD旭台階段1  ⇒  AD旭台階段3

どこのマンションでも同様ですが、大規模修繕工事に
かかる費用は少ない方がいい、ただし、区分所有者全員に
アピールするものがほしいと、理事会・修繕委員会の方は
おっしゃいます。
足場・シートがかかっている期間が長いため、外壁の変化
には気付いていただけないような方にも、最もアピールする
のがこの長尺シートです。
この工程が終了した段階で初めて『見違えましたね』との
ご感想をいただくこともあります。
理事の方はこのことも頭の片隅に入れておいてください。

また、このマンションは低層のため、エレベーターがなく、
日常的に階段が使用されています。
調査診断時に行ったアンケートでは、階段近くの方から
足音が気になるとのご意見をいただいていましたので、
その問題も解決されました。

尚、新築時にはバルコニー・廊下・階段をモルタル防水
仕様としているマンションが多いのですが、
モルタル防水の防水機能自体は2~3年しかもたないと
いうことを書き添えておきます。





スポンサーサイト

テーマ:マンション管理組合 - ジャンル:ライフ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://urbanspace.blog33.fc2.com/tb.php/27-095c5579
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。