FC2ブログ
アーバン・スペース建築事務所 News & えとせとら
カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

プロフィール

アーバン・スペース建築事務所

Author:アーバン・スペース建築事務所
マンションの大規模修繕工事設計監理
建物調査診断、長期修繕計画策定他、
建物と管理の総合コンサルタントです。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大規模修繕工事に建物診断は必要か?
アーバン・スペース建築事務所です。

最近、建物診断について必要ですかという質問がありました。

まぁ、それだけではなんとも答えようがないのですが・・・
目的と診断の内容にもよります。

1つのケースは、大規模修繕工事の実施を前提としている場合。

長期修繕計画をもとに、予防保全的な考えで大規模修繕を計画ということであれば、
歩行範囲内の目視、打診(専用のハンマーで壁等を叩き、モルタルやタイルの剥がれを
調べること)、触診程度の内容で、現在、発生している劣化現象の大まかな把握と、アン
ケート等による不具合個所の聞き取り調査程度で十分だと思います。

なぜなら、足場を仮設し、外壁面全体を調査するわけではないので、補修数量の特定は
との時点では不可能であり、工事を実施する際に足場を仮設し、その時点で躯体を調査
し、補修個所を特定すれば足りるということ。
つまり、施工会社との契約時に躯体(下地)補修は推定値(例えば、ひび割れが1㎡当り
どのくらい見込まれるか)で示し、実数精算にすれば問題はないということです。
大規模修繕工事の優先順位を決める場合、基本的には「足場の要否」になります。
多少状態がよくても、足場がないとできないところは、直しておく必要があるわけです。
もちろん、経年に応じて必要な試験もありますが、大げさになにやら難しそうな名前の機
械を使った高額な試験をする必要はないと思います。
まして、劣化個所を図面を作成しても、不完全なものに過ぎず、意味のないことと思いま
せんか?
何れにしても大規模修繕の際には直すわけですから・・・・。

もうひとつのケースは・・・・・

①築年数(あるいは前回の修繕)がかなり経ってい る場合
②あとどのくらい修繕しなくても大丈夫なのかを検討したい場合
③漏水等の事故が頻繁に起きている場合
④構造上に重大な問題があると推測される場合

以上のような場合においては、詳細な調査を行い図面に記録しておく(例えば、定点測
定的な意味合い)ことの意味はあると思いますが、どちらかというと、マンションというより
オフィスビルや商業ビルのケースが当てはまると思います。

マンションの場合、長期修繕計画の考え方が浸透してきていますから、修繕サイクルに
あわせて工事を検討されるケースがほとんどですから、最初のケースで十分対応できる
と思います。
劣化現象のほとんどは予想可能な劣化現象ですから、当然、補修方法についてもいくつ
かの工法の中から選定が可能であることからも、必要以上の診断は不要だと思います。
しないよりはしたほうが・・・ということもありますが・・・。

スポンサーサイト

テーマ:マンション管理組合 - ジャンル:ライフ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://urbanspace.blog33.fc2.com/tb.php/22-c77e14b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。