アーバン・スペース建築事務所 News & えとせとら
カレンダー

01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

プロフィール

アーバン・スペース建築事務所

Author:アーバン・スペース建築事務所
マンションの大規模修繕工事設計監理
建物調査診断、長期修繕計画策定他、
建物と管理の総合コンサルタントです。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんな無理をいう管理組合もあるんですねぇ^^;
とある管理会社の社長さんからのメールなんですが・・・
年末に仕事の長期修繕計画作成の依頼があり、
そのままにになっていたので、「必要資料揃いましたか?」と
メールしたところ、いつもならすぐにメールで何らかの返事が来るのですが、

今回に限って、数日待っても連絡がこない^^;
で、どうしたのかなと思っていたら、昨日、メールが・・・
それには・・・

『ご連絡が遅れ、大変申し訳ありませんでした。
「□○×ヒルズ◆△」1月末決算にもかかわらず、
2/15(日)理事会で会計報告書を仕上げて持って来い」と』・・・

と書かれていました。

通常は決算から2ヶ月以内であればよいとされいるにも係わらず、
なんと決算から半月後に持って来いとは・・・驚きです。

以前にも、防水工事を行った際にも、無理難題を押し付けられたり、
管理会社を非難する怪文書がばら撒かれたりした組合だそうですが
理不尽なことをいう組合の態度もどうなんですかねぇ。



また、現在、ウチで工事監理を行っている某管理組合の理事長は、
下地処理工事の完了に伴い、精算項目や材料の色彩等の決定等も
お願いしたので、中間検査(報告)を兼ねて、修繕委員会の招集を
お願いしたところ、「できるだけ召集しない方向ですすめてください」
とメールが・・・・。

通常は月に1回程度、発注者・施工者・監理者の三者会議や、最低で
も、下地補修終了時、足場解体前、工事完了時、竣工引渡し時の4回
程度は、打合せや報告会を開いてしかるべきものだと思いますが・・・
事前に説明をしてあったにもかかわらず・・・

「召集してくれるな!」

とのお言葉。


区分所有者の皆さんが、苦労して貯めた修繕積立金を取り崩しての工事。

確かに専門的知識が乏しいから、管理会社やコンサルタントに任せたんだから
というのも判らなくはありません。

でも、自分たちの「住まい」なんですよね。
管理会社に頼りっぱなしで、なんの疑問も持たない。
管理費の値上げについても、「しょうがない」で、済ませてしまう。

将来についての不安はないのでしょうか?
いつも書いているように、収入と反比例して、修繕コストは増加するのは当たり前です。

修繕ですか?建替えですか?

何れにしても、莫大な費用が必要になります。
昔の住宅公団や住宅公社が分譲したいわゆる「団地」であれば、敷地もあり、容積率等に
の余裕があり、現在より大きなものが建てることができる可能性はあります。
しかし、都心部のマンションはどうですか?
敷地いっぱいに建てられ、修繕を行う場合の「足場」でさえ、隣地を借用しなければできない
現状-とても今より大きな建物は不可能であり、逆に小さくなってしまう可能性さえ-

すべて「人」任せでいいんですか?

管理組合の理事の多くは「輪番制」で決められ、「くじ引き」で役職が決められるケースが
多いと思います。
でも、決め方はどうであれ、選ばれた以上は「区分所有者の代表」として、適切な役割を
果たす責任があるのではないでしょうか?

管理会社やコンサルは決定機関ではありません。
管理組合の理事会が判断をして、総会で最終的に決定するのです。
自分たちで議案説明もできず、質問がでれば、管理会社やコンサルに回答を求める。
これで、理事会は機能しているといえますか?

皆さんの組合はいかがですか?





ついでに、明日より

 「神奈川県海老名市」マンション(11階建・104戸)の大規模修繕工事


見積参加業者の公募開始  

です。

詳細はHP(http://urban-space.biz)にてご確認ください。




スポンサーサイト
気がつけば・・・・
こんにちわ^^;

あぁ 気がつけば2月ですね。

前回の更新から早や1ヶ月も放置してしまいました。

1月10日から、横浜市南区のPマンションの工事着工説明会。
ここは26日から共通仮設(現場事務所・仮設トイレ等の設置など)工事が始まり、
今月からいよいよ足場の架設がはじまりました。

同18日には東京都荒川区のNマンションの緊急理事会。

ここは昨年末、外壁のタイルが剥落し、応急処置はしたものの調査の結果、
予想以上にタイルの浮きが激しく、急遽、大規模修繕の実施へ向けて準備
を進めることに。
しかし、築14年のマンションでタイル剥落って・・・ねぇ
結局、14日に臨時総会、28日に着工説明会を経て、3月中旬から7月までの予定で
工事着工です。

あとは今年の秋実施の海老名市上今泉のEマンションの業者選定作業の打合せやら・・・
ここも16日から見積参加業者の公募を行い、見積取得、ヒアリング選考を行い、
5月末には業者を決定というスケジュールで忙しくなるかな。

しかし、前にも書きましたが、管理会社の善し悪しでマンションは変わりますね。

①長期修繕計画がつくれない⇒テケトー
②修繕履歴がわからない
③提案やアドバイスがない⇒目先のことしか考えられない

そんな管理会社を頼りにしている組合が多すぎますよね。
管理組合は信頼しているのに、プロであるべき管理会社がそれに胡坐をかいている
ケースがあまりにも多すぎます。

自分たちの財産です。
住まいの20年・30年先のこと・・・イメージしてみませんか?


あっ 新年早々(ってもう2月ですが・・・)愚痴になってしまいました。

遅ればせながら、今年もよろしくお願いします。









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。