アーバン・スペース建築事務所 News & えとせとら
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

プロフィール

アーバン・スペース建築事務所

Author:アーバン・スペース建築事務所
マンションの大規模修繕工事設計監理
建物調査診断、長期修繕計画策定他、
建物と管理の総合コンサルタントです。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冊子「大規模修繕の基礎知識」プレゼント
弊社が加入している「NPOリニューアル技術開発協会」より提供された
冊子「大規模修繕の基礎知識」(NPOリニューアル技術開発協会 協賛 ㈶経済調査会)
無償で差し上げます。

神奈川県・東京都・埼玉県・千葉県の分譲マンションにお住まいの方限定とします。
※30部限定 お一人1部限り  発送は3月上旬を予定
所定の数量に達ししだい、締切とさせて頂きます。

ご希望の方は次の事項を記載の上、E-Mail(urban-space@gamma.ocn.ne.jp)まで

をお願いします。

1.氏名

2.送付先住所 マンション名、室番号まで記載してください。

3.連絡先 電話番号

4.マンションの築年数・規模(   階建    戸)

5.管理組合の役員(修繕委員会等含む)のかたは役職

6.その他 修繕についてのお問合せ等があれば (任意)

Facebook及びTwitterでも告知させていただいておりますので
所定数量に達ししだい締め切ります。



スポンサーサイト

テーマ:マンション管理組合 - ジャンル:ライフ

マンション化率拡大
(マンション管理新聞 第864号 2012年2月5日 から抜粋)
 
東京カンテイ(本社東京 松村優一郎社長)は1月26日、全国の世帯数に占める

分譲マンションの割合を示す「マンション化率」の調査結果を公表した。


2011年は前年から0.17ポイント拡大し、11.70%、世帯割合では

8.5世帯に1世帯が分譲マンションに居住している計算に!

トップは東京都で24.92% 前年比0.43%拡大 

6,344,540世帯のうち、

1,581,269戸のマンションストック

ちなみに拡大幅の二位は大阪府で0.31%

2位は神奈川県は21.70% 拡大幅は前年比0.14%増の0.17%

3位は兵庫県 17.8%、4位は大阪府 17.78% 

5位は千葉県 15.5%(但し、2年連続でマンション化率は縮小) 

前年から増加に転じた地域は首都圏・近畿圏といった大都市圏に限定。

地方は縮小傾向

大都市圏でも中心部への供給が集中、圏内中心部と郊外~郊外エリアで二極分化



テーマ:マンション管理組合 - ジャンル:ライフ

不在所有者に対する「協力金」について
アーバン・スペース建築事務所の『K』です。

前回のブログでも記載しましたが、2月5日付けのマンション管理新聞の
記事をご紹介します。

                不在区分所有者「協力金」(2)     不在区分所有者「協力金」(2)



テーマ:マンション管理組合 - ジャンル:ライフ

詐欺注意報 発令!
大阪・福岡で相次いで


消火器が破裂



するという事故があった。


また、 消防署から来ました


といった 詐欺行為 が流行するかも・・・・・・


要注意ですね w






テーマ:日々出来事 - ジャンル:ライフ

社団法人 高層住宅管理業協会が、省エネ強化月間って・・・
「共用部分省エネ強化月間」への参加協力を要請 管理協

 社団法人高層住宅管理業協会(管理協)はこのほど、同協会会員に対し「共用部分省エネ強化月間」への参加協力を要請した。

 共用部分の点灯時間圧縮などを、会員が受託している管理組合に対して提案するもの。管理業会として、地球温暖化防止、省エネルギー等の意識を高めることが目的。

 実施期間は7月1日から31日まで。対象は、マンション共用部分の照明、冷房施設など。

[住宅新報 2009年6月4日]

小さなことからコツコツと・・・・

「ECO-ECOマンション再生研究会」 よろしく^^

テーマ:マンション管理組合 - ジャンル:ライフ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。